そらばむ

最近のこと、出展情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恵庭「hand to heart」と札幌「葉書が君の力になる~再会の手紙~」

09232.jpg
恵庭【hand to heart】

メール申込時に、私何かを誤ってしまったっぽい…。
「そらにうたう」ではなく、「海村佳世」で出展になってて、まあ相変わらず私一人の個人サークルなので、問題はないんですが、こうおしゃれで大きなネームプレートがブースに置かれているのを見て、ちょっと恥ずかしくなりました…。すみません、恐らく私のミスです。



名刺は相変わらず何者なのか分からないデザインになってしまって、本当に困っています。肩書を頂けるほどの結果を出したこともないですから、他人に委ねるわけにもいかないですし。今回はショップカードか、名刺が必要ということで用意してみましたが…手に取った方から発せられる、戸惑いの色が私にも見えて。どうしたものかと今も悩んでいます。普段のイベントでは、作品が名刺がわりだったんですが。

普段参加してる同人イベントとの違いは、色々ありますが(パンやスープなどの飲食販売や、セラピーブース、チャリティー企画など)、中でも印象的だったのは、会場アナウンスの方が100件近くあるブースを一件一件回って、PRしてくれたことでしょうか。(普段からラジオのパーソナリティをされてる方でしょうか?)イベント進行中にトークが流れても全然不快じゃなくて、むしろ滑らかというか、聞いていて本当に安心感がありましたし、説明下手な私相手でも、ゆったり丁寧にフォローして頂いて、かっこいいなぁと思いました。

チロルストラップがお嫁に行って、苦手な手芸に挑戦した甲斐があったなと。不器用な自分に付き合ってくれた、ルミと母上様どうもありがとう。あと、最近絵葉書を(交通費・参加費のかかる出展イベントに限り)一律150円に値上げしたんですが、にもかかわらず「150円は安い」と何人かの方に言っていただいて、誠にありがとうございました。とても、嬉しかったです。

…そういえば、「かわいい~」とポスカホルダーをめくっていた小さなお嬢さんたちがいたんですが、そのうちのお一人がふと「ギンの夏」を見た瞬間、「…、むかしむかしあるところに緑の森があって、そこには帽子をかぶったぺんぎんさんが住んでいました」、と、即興で物語を紡ぎはじめたんですよね。ここ二か月くらいの中で、最も嬉しい出来事でした。「ぺんぎんさんはしあわせでした。おしまい」でちゃんと締めくくっていたり。

イラストは、(特に絵葉書イラストは)見た人の感情に委ねています。自由に思い描いてもらっていいですし、それが幸福にせよ悲しみにせよ、虚無を埋められたなら、私がやっていることにも、何か意味が生まれるような気がします。


092301.jpg
札幌【葉書が君の力になる~再会の手紙~】

長く、お世話になってきたイベントとの再会でした。
それから、シールイベントも同時開催とのことで、この日はそらうたシールと「White rain」も持っていきました。
ビンゴ大会ラストは、まさかのスペシャル景品をありがとうございました…(´v`)
…私個人としては、なんかサークルも一般参加者もいつも見ている方が多かった印象…(笑)それだけ根強く愛されているイベントだからなのか。

左隣さんがうちとは全然違う傾向の鳥好きさんで、(緻密な水彩画であった…美しい野鳥たち…)「最後の手紙」から3年ぶりのイベント参加なんです、とおっしゃっていたので、いかに「ボクこえ」愛されてるかが伝わりました。スペース配置に心くばりを感じましたし、(消極的な私ですら)交流が多かったなと思います。
差し入れにお菓子をくれた方も、ありがとうございました(*´◇`*)美味しく頂いています。


双方、反省点も多かったですし、今後の方針を見直す大きなきっかけになりました。
スタッフの皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。

| おもいで | 20:48 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT