そらばむ

最近のこと、出展情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雑記

特にお知らせとかではないです。(´v`;)
ただの日記。



昔よりカラー絵劣化したんだよなぁ
というところが、ここ一年くらいずっと気になってたんですよね…。
もともとデッサンは酷いんですけど、それよりも前みたいな勢いよくがっつり描いて、バサッともぎ取る、みたいなことが出来なくなったなと。前はバサッともぎ取ったあとの「採れたて!」みたいな爽快感があったんですけど。あれが近年どうにも…。

でもこの一年、描いては捨て描いては捨て、色々なサークルさんを見たり、話を聞いたり、作品見たりしてきた中で、じわじわ分かったような気が。

報酬が出ると、やっぱり責任感と楽しさが生まれて、活動も円滑になるというのは、ここ数年で改めて思ったことではありましたが…。その一方で金銭が発生しない(発生するか不明)な作品を描くときに、心のどこかで「無駄なことをしてる」って思うようになっていた っぽい

8年前「ソラトリドリ」を描いたときは、フルカラーの空を20枚一ヶ月半で描き上げたりもしたわけですが、あの時の私は報酬なんて一切考えてなかった。
ただとにかく、全力で外に出そう、みたいな本能しかなかった。

でも近年は、「これは報酬が発生する作品だから、しっかりやろう」とか
「これは個人的な趣味だから、まあ……(少し手を抜く?)」 って無意識に考えていたのかも。

筆は正直なので、それがすぐ色に出てしまう。
けれども私はずっと未熟者で。無意識に手抜きしてたんだとしたら、それは、自分がしていることの根幹を腐らせることな気がする。

なんだか、高校時代の、となりの美術部・部長の言葉を思い出す。
「僕はいつでも本気なんだ」 と
普段はとても控えめな彼だが、作品はいつだってすごかった。
…なんか地味に忘れられないんだよなぁ、あの台詞…(笑)

適度な力の抜き方、みたいなものは、きっとあるんだと思う。が、もともと未熟者の私が、さらにクオリティを落としてどうする…。

そのへんが分かってきたので、もうちょっと落ち着いて向き合えたらいいなと思う。
もともと、自分は何をしたいのか。
すごく根本で、原始的なところ。

| おもいで | 15:13 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT