そらばむ

最近のこと、出展情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリストフ・ガンズ版「美女と野獣」

実写映画、観てきました。
ディズニー版を長年惚れ直している私には、また違った発見がありました。


近年は、札幌に四季劇場が出来たことで、念願のミュージカルも観ることができました。(まだ母が元気なうちに、友人とみんなで一緒に観れたことも、忘れられぬ思い出です)

今作は、原作を最初に出版したフランスの女性作家・ヴィルヌーヴさんのお話をもとにしているそうな。
で、サラッと感想。

美しかったです。

フランス映画だ…。

いばらが包む城も、光溢れる森も、凍える吹雪の中でさえ、とにかく美術が素晴らしかったです。

ただ、とてもシビアな構成ではある。(子供は喜ばないかも)

従来の「真実の愛を知り、呪いが解ける」というテーマは一緒なんですが、そこに、
「野獣が犯してしまった罪」をより重く持ってきている感じはしました。

ディズニー版のガストンとビーストを融合させたらこんな感じかも。王子。
野獣になる前からすでに呪われているといえば、呪われている。男性の、女性への支配欲や、力を誇示し、束縛するだけでは、本当の意味で愛を知ることはできない、といった皮肉が綴られている。愛を手にしているつもりでも、一番大事な約束を、すっかり忘れてしまっているあたり、しょーもねえなあ…と思う。

ネタバレは避けますが、野獣の回想、例のシーンでは、俳優(ヴァンサン・カッセルさん)の涙にもらい泣きしてしまった。海村、相変わらず、雰囲気に呑まれやすい。映画ではすぐ泣く。

「彼女」も、しょうがないね、それでも好きなんだもの、って許せてしまうとこあったんだろうな。
しかし失ってから後悔するようでは、てんで遅いのである。(急に真顔)

野獣もそうだけど、今作「いいひと」と呼べる人が一人もいないってのがすごいな。個人的にはですけど。ベルでさえ、野獣への暴言に「えええ」って思うとこあったり。

とはいえ、家族愛だけは残るというギャップ。
あんな馬鹿息子のせいで、殺されかけても、息子の安否を心配する父。
あんな能天気な父でも、必死になって救いにやってくるバカ兄ども。
あんな不作法な父でも、目を覚ましたと知るや否や、顔くっしゃくしゃにして喜び、抱き着く姉たち。

お金、偏見、物欲、嫉妬…そういった、色んなトゲを取り払ったら、最後に残ったのは愛(バラの花)だったのかも
なんて、そんなことも考える。

登場人物多すぎて、野獣×ベル成分が足りなく感じたことは、ちょっと残念。

強盗兄貴を追っかけてた強盗野郎、たぶん恋人の占い師さんとの関係を対比させたくて存在してるんだろうけど、彼を省いて、野獣×ベル成分をもうちょっとくださいって思う私は、おそらく本当に、この二人のやりとり見るのが好きなんですね。

あと、ラストが好きです。

ラストシーンだけなら、ディズニー版より好きかも。
ただ、穏やかに。この人々の性格を思うと、あの結末が、一番幸福なんじゃないかな。

クリストフ・ガンズ版「美女と野獣」 公式サイト
美女と野獣 [DVD]
美女と野獣 [DVD]

| おもいで | 10:48 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT